CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< たばこから〇〇 | main | マンションキッチン >>
ガスコンロの交換方法
本日は、システムキッチンにはめ込まれている

ガスコンロの交換の仕方をお教えしましょう。

誰でも簡単にできちゃうので ぜひチャレンジしてみてください。


それでは始めます。 用意する物はこちら



プラスドライバー・モンキーレンチ・中性洗剤・雑巾の4点


まずは、ガス栓をはずしてもらいましょう。

都市ガスの場合は、東京ガスのライフバルに電話すればすぐに来てくれます。






コンロの下に出てるホースがガス管です。

コンロとの接続部分に付いてるL型の物がガス栓

写真はガスが開通してるのでツマミを横向きに回してガスを止めてください。



ガス栓を外してもらったら






天板のゴトクなどを取り




パカッて天板も簡単に外れます。



四隅に頭が六角形のネジがあるので それをプラスドライバーでゆるめます。

外してもOK

ドライバーで回しずらかったらモンキーレンチを使ってください。



この前面のスペーサーも外しましょう。 両脇に付いてます。


そして 本体中央に付いてるグリップを持って・・・




グッと奥の方から持ち上げる感じで引き上げます。

ちょっと重いですが写真のような角度で持ち上げてください。

その時 魚焼きグリルの引出が飛び出てくるので気をつけて。。


外れるとこんな風になってます。




油汚れがベットリ




中性洗剤で綺麗にしましょう。

汚れがひどい場合は ヘラとか金束子を使うと良いかも。




拭けば綺麗になります。



そして いよいよ新しいコンロを設置します。



外した時の要領で手前から斜めにスライドさせながらはめ込みます。

言い忘れましたが 金属部分で手を怪我することがあるので

必ず軍手とか手袋をしましょう。








位置を微調整してOKでしたら四隅のネジを締めこみます。

両側均等に締めこみましょう。

あまり締め込み過ぎるとフレームの形が変わっちゃうのでほどほどに。



次に前面の仕上げをします。

電池を入れたり





スペーサーを付けたり



化粧板をつけたりしましょう。




こんな感じになります。

続いてグリル内を仕上ます。



こんな部材を




ここに取付。 両側にありますよ





親切にテマエって書いてあるので間違わないね




網を乗せて終了。ヘラみたいのが付属してます。


続いていよいよ天板の設置




ガラストップは衝撃で割れちゃうので気を付けてください




この天板は今までのように ただ乗っかってるだけではございません。

本体の手前の所に爪が出てて そこに引っかけてはめ込みます。

これがちょっとだけ難しい。。



うまくはまったら端をまんべんなく押さえましょう。



この天板はビスで留めます。

付属のビスにプラスチックのワッシャーを付けて



排気口の横2か所をドライバーで締め込みます。

それができたらほぼ完成です。

後はゴトクとかを乗せるだけ














じゃーーん できあがり





正面もカッコいいー

ちなみにこのガスコンロは リンナイ製マイトーンプラスW7シリーズ

品番RS38W7G10R 60cm巾でガラストップ 定価¥193,200円です。




ガスのつなぎは、再び東京ガスのライフバルにお願いしましょう。


どうですか イガイと簡単でしょ


できなさそうならいつでも相真工務店にお任せください。






最後に 後片付けもしっかりね。。

















2012.02.02 Thursday 19:11
| comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
やっと見つかりました。リンナイガラストップの交換例
ガラストップの外し方は奥二本のビスを外し、先に奥を持ち上げ、次に手前の爪への引っ掛かり部分を奥へ引き抜く感じでしょうか?
なんか、コツとか気をつける事がありましたら教えて下さい。
| マサ | 2016/04/09 6:24 PM |
付属のゴトクやらを全て外してみて
天板にビスがあれば、そのビスを外してください。

天板は、奥を持ち上げ、次に手前を手前に引けば
爪から外れると思います。

コツは特にありませんが、油でベットリくっついてる時が
あるので思い切って持ち上げてみましょう。
| aishin | 2016/04/09 8:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ai-shin.jugem.jp/trackback/557
トラックバック